メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広告見れば飲み物無料 「タダカフェ」が京都にオープン

「入店時にカウンターで端末画面のスライド広告をちょっと見てもらえば飲み物は無料です」と説明する志田原さん(手前)=京都市中京区で2018年12月12日、篠田直哉撮影

 コーヒーやジュース類などドリンクが無料の喫茶店「タダカフェ」(075・708・3937)が京都市中京区の河原町三条上ルにオープンした。企業や行政からの広告を店内の情報端末画面で流す収入で運営する。客は店頭で広告画面を約1分見れば入店できる仕組みで全国初といい、1日平均50人が訪れ常連客が多いという。

 「町の情報や観光案内を店内で流す広告収入を元手に、飲み物無料の喫茶店があったらゆっくり休憩できるの…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文593文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  2. クローズアップ 小中、熱中症防止へ一歩 暑さ指数で注意喚起/夏休み開始前倒し

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです