メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福男選び開門役に初の女性 東日本被災地から「福女」

開門役を務める阿部美由紀さん=開門神事講社提供

 商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社・西宮神社(兵庫県西宮市)で来年1月10日早朝に行われる恒例の「福男選び」に、東日本大震災の被災地から「福女」が招かれ、スタートの開門役を務める。神社によると、女性が開門役を担った記録はない。平成最後の伝統行事に新たな歴史が刻まれる。【生野由佳】

 「福女」は、東日本大震災で被災した岩手県北上市の会社員、阿部美由紀さん(36)。同県釜石市で節分の前後に開かれる「韋駄天(いだてん)競走」女性部門の2017年、18年の覇者だ。

 韋駄天競走は、西宮神社の福男選びをモデルに14年から始まり、一番乗りには福男、福女などの栄誉が与え…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです