メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

暮らし スプレー缶 わずかなガスも事故に

冷却スプレーを使用後、シャツに火が付いてしまった事故の再現写真=NITE提供

[PR]

山本やまもと紀子のりこ 毎日新聞まいにちしんぶん 生活報道部長せいかつほうどうぶちょう

 スプレーかん原因げんいんでおきた北海道ほっかいどう札幌市さっぽろし爆発事故ばくはつじこにはびっくりしましたね。でもひとごとではありません。えやすいガスを使つかったスプレーかんは、まわりにあふれています。をやっつける殺虫剤さっちゅうざいあせのにおいをおさえる消臭しょうしゅうスプレー、あめをはじく防水ぼうすいスプレー……。いずれもちかづけると危険きけんです。かんをよくてみるとあかで「火気かき高温こうおん注意ちゅうい」といてあります。

     札幌さっぽろ事故じこでは、部屋へやなか消臭しょうしゅうスプレーやく120ぽん噴射ふんしゃつづけ、そのわかしのスイッチをれたところ、だい爆発ばくはつきてしまいました。やったのは、マンションやいえ不動産ふどうさんてん店長てんちょう消臭しょうしゅうスプレーを大量たいりょうてなくてはならず、むちゃなことをしたようです。

     え、そんなバカなことはいくら小学生しょうがくせいでもしない? そうですね。

     でもスプレーかんからたわずかなガスが原因げんいんでおきた事故じこはたくさんあるのです。たとえば2014ねん神奈川県かながわけん男性だんせいがふろがまのガスにをつけたとたんに、爆発ばくはつきてけがをしてしまいました。べつ部屋へや使つかっていた殺虫剤さっちゅうざいからたガスがふろながみ、引火いんかしたのです。15ねんには愛知県あいちけんでガスファンヒーターのまえにおいていたスプレーかん数本すうほんやぶれ、女性じょせいおおけがをしました。

     生活用品せいかつようひん事故じこ情報じょうほうをあつめる独立行政法人どくりつぎょうせいほうじん製品評価技術基盤機構せいひんひょうかぎじゅつきばんきこうNITEナイト)によると、13~18年度ねんどにスプレーかんによる事故じこは27けんあり、うち22けん火事かじでした。スプレーをまいたときたガスは、ガスコンロや換気扇かんきせんからるごくちいさな火花ひばな反応はんのうして、爆発ばくはつをおこすのです。機構きこう担当者たんとうしゃは、「スプレーかん使つかったら空気くうきれかえ、換気かんきがすむまでガスや掃除機そうじき使つかわないこと。暖房だんぼうちかくにスプレーかんをおかないこと。かん中身なかみのこったら、そと風通かぜとおしのよい場所ばしょ中身なかみっててること」とびかけています。


     ものやファッション、子育こそだて、介護かいご担当たんとう教育きょういく担当たんとうときは、各地かくち小中学校しょうちゅうがっこうどもや先生せんせい取材しゅざい趣味しゅみ黒人演奏者こくじんえんそうしゃのジャズをくこと。苦手にがてはスマホ操作そうさ。1966年東京都生ねんとうきょうとうまれ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

    2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

    3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

    4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです