メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

古代・北武蔵の謎に迫る 4世紀後半築造か ヤマト王権との関係は 鍵握る野本将軍塚古墳 /埼玉

東松山に920人来場

 東松山市下野本にある県指定史跡の前方後円墳・野本将軍塚古墳が、古代の北武蔵(現在の埼玉県)の地域に関する謎に迫る重要な遺跡として研究者や考古学ファンの注目を集めている。今月9日には東松山市の同市民文化センターに約920人が来場して初の大型シンポジウムが開かれた。【中山信】

 同古墳は残存する墳丘の全長が115メートルある。県内の前方後円墳では、行田市埼玉(さきたま)にある埼玉古墳群の二子山古墳(132メートル)や稲荷山古墳(120メートル)などに次ぐ規模とされる。野本将軍塚古墳には宅地造成などのために墳丘が一部削られた形跡があり、築造時には120メートル以上あったという指摘もある。

 本格的に発掘調査されたことがなく、築造年代については古墳時代の前期から後期まで諸説があった。昨年、…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  3. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  4. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです