メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き家リノベーション事業

若者向け住宅お披露目 岐阜女子大生の意見、随所に 各務原で入居者募集開始 /岐阜

 各務原市中心市街地の築55年の木造平屋建て住宅がリノベーションによってよみがえり、入居者募集が始まった。産学官連携による「空き家リノベーション事業」の成果で、岐阜女子大生の間取りや内装などの意見を随所に採り入れた初の事例で、関係者の自信作だ。

 同市内の空き家は約8000戸。人口減少に伴い老朽化した空き家は増えるが、そのままでは借り手が見つかりにくく、放置される事例が少なくない。市の「DIY型空き家リノベーション事業」は、借り主が自費で改修(DIY)・リノベ(新たな付加価値を与える)する賃貸借関係を所有者と結び、インテリアなどを一新することで家探しをする若い世代へアピールする。事業は2016年度に始まり、これまでに16件の賃借…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです