メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャズ喫茶

さよならブルーノート 豊中の老舗閉店 “教え子”ら最後のセッション /大阪

ジャズ喫茶「ブルーノート」での最後のセッションに聴き入るマスターの菅原乙充さん(左端)=大阪府豊中市で、山崎一輝撮影

 「マスターに出会わなければジャズ界にいなかった」。大阪音楽大(豊中市)のそばにある老舗のジャズ喫茶店「ブルーノート」が開業50年を目前に、12月いっぱいで閉店する。多くの学生が来店を機にジャズに関心を抱き、プロのジャズ奏者として育った。そのうちの一人のジャズピアニスト、石井彰さん(55)=大阪音大特任教授=が今月12日、感謝を込めてライブを開いた。【前本麻有】

 元サクソフォン奏者の菅原乙充(おとみつ)さん(81)がブルーノートを開店したのは1969年6月。ジ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです