メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャズ喫茶

さよならブルーノート 豊中の老舗閉店 “教え子”ら最後のセッション /大阪

ジャズ喫茶「ブルーノート」での最後のセッションに聴き入るマスターの菅原乙充さん(左端)=大阪府豊中市で、山崎一輝撮影

 「マスターに出会わなければジャズ界にいなかった」。大阪音楽大(豊中市)のそばにある老舗のジャズ喫茶店「ブルーノート」が開業50年を目前に、12月いっぱいで閉店する。多くの学生が来店を機にジャズに関心を抱き、プロのジャズ奏者として育った。そのうちの一人のジャズピアニスト、石井彰さん(55)=大阪音大特任教授=が今月12日、感謝を込めてライブを開いた。【前本麻有】

 元サクソフォン奏者の菅原乙充(おとみつ)さん(81)がブルーノートを開店したのは1969年6月。ジャズが流れる中でサイホンコーヒーを味わう。壁には菅原さんが手描きしたマイルス・デイビス、デューク・エリントンら著名なジャズ奏者の肖像画が掛かる。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 新型コロナ ワクチン3.1億回確保 首相表明 2社は実用化遅れ

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 将棋 第79期名人戦A級順位戦 菅井竜也八段-糸谷哲郎八段 第28局の3

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです