大晦日集中ゼミ

開講 小中生3000人が勉強 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 来年1、2月の受験を控えた小中学生が1日10時間勉強する、毎年恒例の「大晦日(おおみそか)集中ゼミ」が29日、府内の私立7中高を会場に始まった。31日までの3日間、実際に入試会場となる学校という本番さながらの環境で約3000人が受験勉強に取り組む。

 関西を中心に展開する学習塾「第一ゼミナール」(大阪市中央区)が、小学5、6…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

あわせて読みたい

注目の特集