メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福袋

“平成最後”を楽しむ 初売り準備 山陽百貨店 /兵庫

正月に向けて準備が進む福袋=兵庫県姫路市南町で、待鳥航志撮影

 姫路市南町の山陽百貨店では、“平成最後”の正月を前に従業員らが初売りの準備に追われている。

 山陽百貨店では衣服や雑貨、食品など各種の福袋計約2万セットを用意。販売価格の約3~5倍分の商品を詰め込んだという。ダイヤモンドネックレス(1点のみ)を新年に合わせた2019万円で販売する「ドリーム福袋」が目…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです