メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 日本など11カ国による環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の発効を、国内の農畜産物生産者は不安の中で迎え、対策を探っている。一方、小売店では関税引き下げの対象商品を値下げする動きが広がり、徐々に「TPP効果」が出てきそうだ。来年はタイなどの新規加盟交渉も始まる見通し。政府は自由貿易の旗印としてTPPの加盟国を広げ、米国を中心とする保護主義の動きをけん制したい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り1753文字(全文1939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  4. 人気の「金沢21世紀美術館」休館へ 混雑緩和へ改修工事

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです