メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

巧妙、全方位外交 対米関係、牧師釈放で改善/露から武器購入 連携維持

 【エルサレム高橋宗男】トルコが外交巧者ぶりを発揮している。特に最悪レベルといっていいほど冷え切っていた米国との関係は秋以降、急速に改善した。その一方で、米国が敵対するイランやロシアとも連携を密にし、中東地域での存在感を増している。

 トルコ経済は今年8月、米国の制裁により通貨リラが暴落、大打撃を受けた。その要因は2016年のクーデター未遂に絡んでテロ組織を支援したとして拘束、軟禁した米国人牧師の処遇だ。米国が即時解放を求める一方、トルコはクーデター未遂の「黒幕」とする米国在住のイスラム教指導者ギュレン師の引き渡しを要求。真っ向からぶつかり合った。

 トルコは10月、牧師を釈放。トランプ米政権が翌月に中間選挙を控えており、牧師の帰国を支持者にアピー…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1252文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  4. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです