外国人労働者

受け入れ拡大 アジアの日本語教師育成 新設判定テストの受験指導に向け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 外務省は来年4月からの外国人労働者の受け入れ拡大に伴い、新設される日本語能力判定テスト(仮称)の受験指導を行う日本語教師の育成に着手する。来年度からベトナムや中国など9カ国に日本人講師を派遣し、現地の日本語教師らを対象に講座を開く。年間約450人の受講を想定している。

 判定テストへの合格は外国人労働者の受け入れ条件の一つ。日常生活や労働現場で使われる会話に重点を置き、独立行政法人・国…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

あわせて読みたい

注目の特集