メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中

ハイテク戦争、覇権の行方は

 世界秩序を揺るがす米国と中国の摩擦は軍事、通商分野にとどまらず、現在はハイテク分野が主戦場となっている。来年1月1日に国交正常化から40年を迎える米中両国。覇権争いはさらに激化しそうだ。

 ◆米国

5G、サイバー攻撃警戒 知的財産権侵害を批判

 「中国による非伝統的スパイ活動」。米上院司法委員会が今月12日に開いた公聴会のテーマだ。グラスリー委員長(共和)は冒頭、「国境を越える知的財産侵害の5割から8割は中国によるものと考えられている。米国に対するサイバー攻撃による経済スパイ事件の9割超が中国の仕業だ」と指弾した。

 野党筆頭理事のファインスタイン上院議員(民主)も続いた。「中国の経済発展のために米国の知的財産を盗…

この記事は有料記事です。

残り3683文字(全文3991文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです