メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中

ハイテク戦争、覇権の行方は

 世界秩序を揺るがす米国と中国の摩擦は軍事、通商分野にとどまらず、現在はハイテク分野が主戦場となっている。来年1月1日に国交正常化から40年を迎える米中両国。覇権争いはさらに激化しそうだ。

 ◆米国

5G、サイバー攻撃警戒 知的財産権侵害を批判

 「中国による非伝統的スパイ活動」。米上院司法委員会が今月12日に開いた公聴会のテーマだ。グラスリー委員長(共和)は冒頭、「国境を越える知的財産侵害の5割から8割は中国によるものと考えられている。米国に対するサイバー攻撃による経済スパイ事件の9割超が中国の仕業だ」と指弾した。

 野党筆頭理事のファインスタイン上院議員(民主)も続いた。「中国の経済発展のために米国の知的財産を盗…

この記事は有料記事です。

残り3683文字(全文3991文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです