メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

全日本スプリント選手権 新浜、国内最高 男子500 初日首位、女子は小平

 スピードスケートの短距離日本一を決める全日本スプリント選手権は29日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで開幕した。男子は、新浜(しんはま)立也(高崎健康福祉大)が国内最高(日本選手による国内リンクでの最高)記録を更新する34秒50で500メートルを制し、総合首位に立った。総合2位は1000メートルで大会新を出した山田将矢(日大)。

 女子は、総合連覇のかかる小平奈緒(相沢病院)が500メートルで大会新の37秒50をマークし、2季前…

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  2. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです