メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

きょう2回戦 シード13校が登場

 第3日の30日、東大阪市花園ラグビー場で2回戦16試合が行われる。今春の全国高校選抜大会で2連覇の桐蔭学園(神奈川)、前回大会準優勝の大阪桐蔭、前々回大会優勝の東福岡のAシード3校を含むシード13校が初戦を迎える。

 桐蔭学園は大分舞鶴、大阪桐蔭は土佐塾(高知)、東福岡は関商工(岐阜)とそれぞれ対戦。いずれも花園常連校同士の顔合わせとなる。

 Bシードでは全国選抜大会4強の流通経大柏(千葉)が、87大会ぶりの白星を挙げた早稲田実(東京第1)と激突。大阪第3地区予選決勝で前回王者の東海大大阪仰星を破った常翔学園(大阪第3)は、初出場ながら1回戦で110得点の桐生第一(群馬)を迎え撃つ。

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです