メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バスケットボール

全国高校選手権 福岡第一、2年ぶりV

 バスケットボールの全国高校選手権最終日は29日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、男子決勝で福岡第一が初制覇を目指した中部大第一(愛知)に85-42で大勝し、2年ぶり3度目の優勝を果たした。

 3位決定戦は桜丘(愛知)が帝京長岡(新潟)を76-65で降した。

夏の悔しさバネ、連係磨いて圧倒

 敗戦を糧に覇権を奪還した。福岡第一は戦うごとに強さに磨きがかかり、決勝はダブルスコアの大勝だった。エースの松崎は「とてもうれしい。重圧はあったが、それを気にしないくらいの支えがあった」と歩んできた日々に思いをはせた。

 中部大第一を一蹴した。松崎と同じ18歳以下日本代表のガード河村はスピードと視野の広さを生かし、抜群…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文833文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです