メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

全日本スプリント選手権 新浜、国内最高34秒50 男子500

高木美、1000で大会新

 スピードスケートの短距離日本一を決める全日本スプリント選手権は29日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで開幕した。男子は、新浜(しんはま)立也(高崎健康福祉大)が国内最高(日本選手による国内リンクでの最高)記録を更新する34秒50で500メートルを制し、総合首位に立った。総合2位は1000メートルで大会新を出した山田将矢(日大)。

 女子は、総合連覇のかかる小平奈緒(相沢病院)が500メートルで大会新の37秒50をマークし、2季前…

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 宮内庁、「高御座」組み立て作業公開 「即位礼正殿の儀」で使用

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです