混乱のバングラデシュ総選挙 衝突で死者 野党候補者、刺され搬送

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
総選挙の投票でセキュリティーチェックを受ける女性(中央)=ダッカで2018年12月30日、ロイター
総選挙の投票でセキュリティーチェックを受ける女性(中央)=ダッカで2018年12月30日、ロイター

 【ニューデリー松井聡】バングラデシュ総選挙(定数350、任期5年)が30日投開票された。31日までには大勢が判明する見込み。ハシナ首相の与党・アワミ連盟(AL)の政権下ではこれまで、野党・バングラデシュ民族主義党(BNP)の政治家や支援者が多数拘束されてきた。警察によると、この日、各地で衝突が発生し、少なくとも17人が死亡、20人以上が負傷。選挙の公平性が危ぶまれる事態になっている。

 AFP通信によると、この日は60万人の治安部隊が各地に配置されたほか、偽の情報の拡散を防ぐため、携帯電話のインターネットが制限された。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文812文字)

あわせて読みたい