東京医大、国会議員依頼に便宜 不正不合格さらに109人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京医科大=東京都新宿区で2018年7月、手塚耕一郎撮影
東京医科大=東京都新宿区で2018年7月、手塚耕一郎撮影

 東京医科大(東京都)の不正入試問題で、同大は29日、第三者委員会の最終調査報告書を公表した。新たに2013年から16年の4年間の入試で女子や多浪の男子を不利に扱う得点操作で計109人が不正に不合格とされていた可能性があると指摘。国会議員の依頼を受けて受験生に便宜を図っていた疑惑や事前に入試問題が漏えいした可能性も明らかになった。

 東京医大はこれまで今年と昨年の医学部の入試で不正な得点操作がなければ合格ラインに達していた受験生は計101人に達すると発表している。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文991文字)

あわせて読みたい

注目の特集