タンチョウ1016羽 道東から道北、道央まで広く分布 北海道調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
12月の調査としては初めて1000羽以上が確認されたタンチョウ=鶴居村の鶴見台で12月5日午前9時1分、平山公崇撮影
12月の調査としては初めて1000羽以上が確認されたタンチョウ=鶴居村の鶴見台で12月5日午前9時1分、平山公崇撮影

 北海道は28日、国の特別天然記念物タンチョウの今年度1回目の分布調査結果を発表した。12月としては初めて1000羽を超え、十勝では過去最多を確認した。

 1回目は5日に8振興局管内37市町村の321カ所で実施。野生個体は1016羽で内訳は、釧路756羽▽十勝196羽▽根室51羽▽オホーツク2羽▽宗谷5羽▽胆…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

あわせて読みたい

ニュース特集