メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初の錠剤は服用1回タイプ インフル新薬に高い注目

インフルエンザ治療薬が作用する仕組み

 インフルエンザが本格的な流行期を迎えている。厚生労働省によると、23日までの1週間の患者数は全国で推計31万3000人。正月休み明けに会社や学校が再開すると、さらに感染者が増える恐れがある。そんな中、今季は利便性の高い新薬「ゾフルーザ」が登場し、治療薬の選択肢が広がっている。

     インフルエンザ治療薬は主に4種類あるが、今年3月に発売されたゾフルーザは初の錠剤で、服用はわずか1回。製造元の塩野義製薬(大阪市)によると、4~9月の売り上げはインフルエンザ薬の65%を占め、注目の高さがうかがえる。

     従来の治療薬はウイルスが細胞の外に広がるのを抑えるが、ゾフルーザは細胞内でウイルス自体の増殖を抑えるのが特徴だ。そのため、周りの人への感染をより抑えられる可能性があるという。

     「ゾフルーザの使用はもっと広がるだろう」。ユアクリニックお茶の水(東京都千代田区)の杉原桂(かつら)院長(小児科)はこう話す。仕事のある人は、服用が1回で済む薬を希望することが圧倒的に多いという。従来は粉末を吸入するタイプもあるが、「ゾフルーザは錠剤なので服用しやすく、体内に取り込む確実性も高い」と話す。対象は体重10キロ以上だが、錠剤を飲めない子どもなどは処方できないこともある。

    子どもには処方できないケースも

     ゾフルーザに、インフルエンザ治療薬タミフルと同程度の治療効果があることは、成人を対象とした国際共同試験で示されている。ただ、発売から日が浅く、データがまだ少ない。そのため、日本小児科学会は今シーズンの治療指針で推奨していない。

     薬が効きにくい耐性ウイルスを懸念する専門家もいる。国際共同試験では、ゾフルーザを投与した成人の9・7%、小児の23・3%で耐性ウイルスが確認され、いずれもタミフルより高かった。耐性ウイルスでは発熱などの症状が消えるまでの時間が長かった。

     試験に参加したけいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫感染制御センター長は「重症の患者など、状態が悪い人に使った場合の影響が心配だ」と話す。

     塩野義製薬は「有効性と安全性のデータを蓄積し、適正使用を推進したい」としている。【五味香織、高野聡】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
    2. コンビニで成人誌取り扱い中止 8月末からセブン、ローソンで
    3. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
    4. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社
    5. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです