初の錠剤は服用1回タイプ インフル新薬に高い注目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インフルエンザ治療薬が作用する仕組み
インフルエンザ治療薬が作用する仕組み

 インフルエンザが本格的な流行期を迎えている。厚生労働省によると、23日までの1週間の患者数は全国で推計31万3000人。正月休み明けに会社や学校が再開すると、さらに感染者が増える恐れがある。そんな中、今季は利便性の高い新薬「ゾフルーザ」が登場し、治療薬の選択肢が広がっている。

 インフルエンザ治療薬は主に4種類あるが、今年3月に発売されたゾフルーザは初の錠剤で、服用はわずか1回。製造元の塩野義製薬(大阪市)によると、4~9月の売り上げはインフルエンザ薬の65%を占め、注目の高さがうかがえる。

 従来の治療薬はウイルスが細胞の外に広がるのを抑えるが、ゾフルーザは細胞内でウイルス自体の増殖を抑えるのが特徴だ。そのため、周りの人への感染をより抑えられる可能性があるという。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文897文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集