メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「最後の0系新幹線」20年秋、吹田で一般公開へ JR西が吹田市へ譲渡

図書館が建設される予定の旧国鉄吹田操車場跡地にシートをかけたまま保管されている0系新幹線車両=大阪府吹田市で2018年12月26日午後1時10分、岡崎英遠撮影

 約10年前、JR西日本から大阪府吹田市に無償で譲渡された初代新幹線「0系」の車両の行き先が、ようやく決まった。旧国鉄吹田操車場跡地(同市、摂津市)で建設中の「北大阪健康医療都市(健都)」内に展示スペースを設け、2020年11月から一般公開を始める予定だ。長年放置され、鉄道ファンから批判が上がっていたが、ようやく展示と保存の道筋がついた。

 市に譲渡されたのは、08年12月に最終運行(ラストラン)を終えた「最後の0系」の先頭車両。解体予定…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです