メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縦横無尽に4トライ 東福岡・高本が鮮烈花園デビュー

【東福岡-関商工】前半、東福岡が左へ展開し、高本が左中間にトライ=東大阪市花園ラグビー場で2018年12月30日、山崎一輝撮影

○東福岡69―3関商工●(2回戦・30日)

 グラウンドを所狭しと疾走する、鮮烈な花園デビューだった。東福岡のWTB・高本とむ(2年)。チーム最多の1試合4トライは自身でも初めての経験だ。

 前半2分、中央から左に展開したボールを受けると、約30メートルを独走し先制トライ。後半5分にはゴールまで約30メートル地点で5人飛ばしのロングパスを受け、相手のタックルを振り切った。「ライン際でボ…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです