メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

マラソン・アジア金の井上は4区 ニューイヤー駅伝、元日号砲

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)は2019年1月1日、前橋市の群馬県庁を発着点に開かれる。30日は前橋市内で監督会議があり、各チームのオーダーが決まった。2月の東京マラソンで16年ぶりに日本記録(当時)を塗り替えた設楽悠太(Honda)は直前の発熱でメンバーから外れた。

 ジャカルタ・アジア大会マラソン金メダリストの井上大仁(ひろと)=MHPS=は4区(22.4キロ)、…

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1358文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです