メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小平、大会2連覇 男子は新浜が初の総合V 全日本スプリント

 スピードスケートの短距離日本一を決める全日本スプリント選手権最終日は30日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで男女とも500メートルと1000メートルの2回目を行い、女子は小平奈緒(相沢病院)が500メートルを大会新の37秒44で制し、2大会連続6回目の総合優勝を果たした。500メートルでの国内外の連勝を36に伸ばした。総合2位は、1000メートルで1分14秒44の国内最高記録をマークした高木美帆(日体大助手)。

 男子は、新浜立也(高崎健康福祉大)が500メートルで1位、1000メートルで2位となり総合初優勝。…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文688文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです