メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小平、大会2連覇 男子は新浜が初の総合V 全日本スプリント

 スピードスケートの短距離日本一を決める全日本スプリント選手権最終日は30日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで男女とも500メートルと1000メートルの2回目を行い、女子は小平奈緒(相沢病院)が500メートルを大会新の37秒44で制し、2大会連続6回目の総合優勝を果たした。500メートルでの国内外の連勝を36に伸ばした。総合2位は、1000メートルで1分14秒44の国内最高記録をマークした高木美帆(日体大助手)。

 男子は、新浜立也(高崎健康福祉大)が500メートルで1位、1000メートルで2位となり総合初優勝。…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです