メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連覇の小平、ライバルとしのぎ削るレースに充実感 全日本スプリント

全日本スプリント選手権最終日(30日)

 前日に比べて、小平の表情は晴れやかだった。「久しぶりに競い合える相手がいてのレース展開になった」。500メートル、1000メートルともに高木美が同走となり、ライバル争いを繰り広げたことへの充実感があふれた。

 500メートルは最終カーブで減速したが、最後の直線で高木美を引き離し、タイムは出場選手唯一の37秒台。前日からタイムを0秒06縮めた。一方で世界記録を持つ1000メート…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです