メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連覇の小平、ライバルとしのぎ削るレースに充実感 全日本スプリント

全日本スプリント選手権最終日(30日)

 前日に比べて、小平の表情は晴れやかだった。「久しぶりに競い合える相手がいてのレース展開になった」。500メートル、1000メートルともに高木美が同走となり、ライバル争いを繰り広げたことへの充実感があふれた。

 500メートルは最終カーブで減速したが、最後の直線で高木美を引き離し、タイムは出場選手唯一の37秒台。前日からタイムを0秒06縮めた。一方で世界記録を持つ1000メート…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです