メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

喫茶

青い森/3 青森「自家焙煎の店 マロン」 郷愁の「宝物」に囲まれ /青森

 1970(昭和45)年にオープンした青森市安方2の「自家焙煎の店 COFFEE マロン」は、県外からも常連客が訪れる。壁や棚を埋めつくす古時計や昭和の広告看板など。収集が趣味のマスター、松井孝導さん(68)が、コツコツと集めてきた「宝物」が客の郷愁を誘う。

 「昔、喫茶店というのは絵画を飾るのが当たり前だった」とマスター。マロンでも絵画が飾られていた。だが、中学時代に集め始めたコレクションが自宅に置いておけないほどの数になり、「絵画に…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです