メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー全国大会

鹿児島実、最後まで諦めず 敗れた選手に声援と拍手 /鹿児島

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高体連など主催)は30日、2回戦があり、5年連続19回目出場の鹿児島実(鹿児島)は0-71で長崎北陽台(長崎)に敗れた。最後まで諦めず力を振り絞った選手たちに、スタンドから声援と温かい拍手が送られた。

 「笑顔で全力を出そう」。前半だけで6トライを奪われて迎えたハーフタイム。下を向く仲間たちに、鹿児島実のフランカー、治野賢至(はるのけんし)主将(3年)は呼び掛けた。

 膝や肘のけがに悩まされ、2年時まで控え選手だった治野主将。諦めずに3年でスタメン入りし、主将にも抜…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです