メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー全国大会

鹿児島実、最後まで諦めず 敗れた選手に声援と拍手 /鹿児島

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高体連など主催)は30日、2回戦があり、5年連続19回目出場の鹿児島実(鹿児島)は0-71で長崎北陽台(長崎)に敗れた。最後まで諦めず力を振り絞った選手たちに、スタンドから声援と温かい拍手が送られた。

 「笑顔で全力を出そう」。前半だけで6トライを奪われて迎えたハーフタイム。下を向く仲間たちに、鹿児島実のフランカー、治野賢至(はるのけんし)主将(3年)は呼び掛けた。

 膝や肘のけがに悩まされ、2年時まで控え選手だった治野主将。諦めずに3年でスタメン入りし、主将にも抜…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです