メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

第1部 怒れる司祭たち/1(その1) 今再び民族主義 ポーランド、民主主義に背

ポーランド独立100周年を祝い、行進する市民ら=ワルシャワで2018年11月11日、三木幸治撮影

 「昨日はソ連、今日は欧州連合(EU)が我々の主権を奪っている!」。デモ行進する民族主義団体メンバーがそう気勢を上げた。

 東欧ポーランドの独立100周年となった11月11日。首都ワルシャワの目抜き通りを、赤と白の国旗を掲げる人波が覆う。参加した市民は約25万人だが、その中心となったのは民族主義団体とカトリック系団体だ。カトリック団体の方はキリストの絵を掲げ、「ポーランドは神の国に戻るべきだ」と訴える。一般市民の一部も彼らに続いて「反EU」「親カトリック」のスローガンを叫んだ。

 公務員のビエスタウ・ノバコフスキさん(53)は「我々はいつも大国に民族の誇りを踏みにじられてきた。…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1044文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです