メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

第1部 怒れる司祭たち/1(その1) 今再び民族主義 ポーランド、民主主義に背

ポーランド独立100周年を祝い、行進する市民ら=ワルシャワで2018年11月11日、三木幸治撮影

 「昨日はソ連、今日は欧州連合(EU)が我々の主権を奪っている!」。デモ行進する民族主義団体メンバーがそう気勢を上げた。

 東欧ポーランドの独立100周年となった11月11日。首都ワルシャワの目抜き通りを、赤と白の国旗を掲げる人波が覆う。参加した市民は約25万人だが、その中心となったのは民族主義団体とカトリック系団体だ。カトリック団体の方はキリストの絵を掲げ、「ポーランドは神の国に戻るべきだ」と訴える。一般市民の一部も彼らに続いて「反EU」「親カトリック」のスローガンを叫んだ。

 公務員のビエスタウ・ノバコフスキさん(53)は「我々はいつも大国に民族の誇りを踏みにじられてきた。…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 働く高齢者、年金上乗せ 65~70歳 保険料納付翌年から 厚労省提案

  5. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです