メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラデシュ総選挙

投票日も衝突、17人死亡 候補1人刺される

総選挙の投票でセキュリティーチェックを受ける女性(中央)=ダッカで2018年12月30日、ロイター

 【ニューデリー松井聡】バングラデシュ総選挙(定数350、任期5年)が30日投開票された。地元メディアによると、連続3期目を目指すハシナ首相の与党・アワミ連盟(AL)が大きくリードしている。一方、同政権下ではこれまで、野党・バングラデシュ民族主義党(BNP)の政治家や支援者が多数拘束されてきた。警察によると、この日、各地で衝突が発生し、少なくとも17人が死亡、20人以上が負傷。選挙の公平性に疑義も生じている。

 AFP通信によると、この日は60万人の治安部隊が各地に配置されたほか、偽の情報の拡散を防ぐため、携…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 神戸・教諭いじめ 兵庫県警が加害教諭から任意聴取 暴行容疑など立件できるか判断へ

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです