重大ニュース2018

米朝、融和足踏み/列島、牙むく自然(その1)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
会談冒頭で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=シンガポールで6月12日、AP共同
会談冒頭で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=シンガポールで6月12日、AP共同

 (2018年の重大な出来事をまとめました。文中の年齢・肩書は当時。海外は現地時間)

米朝、融和足踏み

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による史上初の米朝首脳会談が6月12日、シンガポールで行われた。一時は「戦争直前」と言われた米朝の雪解けは、北東アジアの安全保障環境に甚大な影響を与えるため、世界が注目。だが、その後の北朝鮮非核化を巡る米朝協議は停滞している。

 北朝鮮は昨年11月の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を最後に挑発行為をやめ、4月20日には核実験やICBM発射実験の凍結を決定した。

この記事は有料記事です。

残り6423文字(全文6690文字)

あわせて読みたい

注目の特集