メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

全日本スプリント選手権 小平堂々、総合V 女子

 スピードスケートの短距離日本一を決める全日本スプリント選手権最終日は30日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで男女とも500メートルと1000メートルの2回目を行い、女子は小平奈緒(相沢病院)が500メートルを大会新の37秒44で制し、2大会連続6回目の総合優勝を果たした。500メートルでの国内外の連勝を36に伸ばした。総合2位は、1000メートルで1分14秒44の国内最高記録をマークした高木美帆(日体大助手)。

 男子は、新浜立也(高崎健康福祉大)が500メートルで1位、1000メートルで2位となり総合初優勝。…

この記事は有料記事です。

残り1293文字(全文1554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです