全国高校ラグビー

国学院栃木28-12日本航空石川 国学院栃木が圧倒 重量FW、密集戦制す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【国学院栃木-日本航空石川】後半、ゴール前のラックから国学院栃木・藤倉(中央)がトライを決め祝福される=東大阪市花園ラグビー場で2018年12月30日、森園道子撮影
【国学院栃木-日本航空石川】後半、ゴール前のラックから国学院栃木・藤倉(中央)がトライを決め祝福される=東大阪市花園ラグビー場で2018年12月30日、森園道子撮影

第3日(30日・東大阪市花園ラグビー場)

 密集を押し込み、じりじりとゴールに迫った。国学院栃木の4本のトライのうち、3本はラックからサイド攻撃を仕掛けたFWが奪ったもの。重量FWの強みを存分にいかし、相手に主導権を渡すことなくBシードの日本航空石川を圧倒した。

 2点差に迫られた後の前半24分。ゴール前中央でのラックから体重125キロのプロップ藤倉が右サイドに持ち出し、インゴールに飛び込んだ。後半15分にもラックからサイドを突き、二つ目のトライを決めた藤倉は「ずっと練習してきたこと」と胸を張った。相手にとって時間も体力も奪われ、大きなダメージを受ける密集戦。吉岡監督…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

あわせて読みたい

注目の特集