メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢「来年こそは」 稽古納め、高安と18番

高安(右)と相撲を取る稀勢の里=東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で2018年12月30日、真下信幸撮影

 大相撲の横綱・稀勢の里が30日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で稽古(けいこ)納めを行った。この1年を「思い通りにいかず、良いことはほとんどなかった」と振り返り、「『来年こそは』という気持ち。良い年にしたい」と決意を新たにした。

 この日は同部屋の大関・高安と計18番胸を合わせた。鋭い立ち合いから右前…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです