大相撲

稀勢「来年こそは」 稽古納め、高安と18番

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高安(右)と相撲を取る稀勢の里=東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で2018年12月30日、真下信幸撮影
高安(右)と相撲を取る稀勢の里=東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で2018年12月30日、真下信幸撮影

 大相撲の横綱・稀勢の里が30日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で稽古(けいこ)納めを行った。この1年を「思い通りにいかず、良いことはほとんどなかった」と振り返り、「『来年こそは』という気持ち。良い年にしたい」と決意を新たにした。

 この日は同部屋の大関・高安と計18番胸を合わせた。鋭い立ち合いから右前…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

あわせて読みたい

注目の特集