ニューイヤー駅伝

あす号砲 上州路つなぐタスキ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニューイヤー駅伝での好走を誓う各チームの選手たち=前橋市内で2018年12月30日午後3時18分、倉沢仁志撮影
ニューイヤー駅伝での好走を誓う各チームの選手たち=前橋市内で2018年12月30日午後3時18分、倉沢仁志撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)は2019年1月1日、前橋市の群馬県庁を発着点に開かれる。30日は前橋市内で監督会議があり、各チームのオーダーが決まった。2月の東京マラソンで16年ぶりに日本記録(当時)を塗り替えた設楽悠太(Honda)は直前の発熱でメンバーから外れた。

 ジャカルタ・アジア大会マラソン金メダリストの井上大仁(ひろと)=MHPS=は4区(22・4キロ)、福岡国際マラソン優勝の服部勇馬(トヨタ自動車)は5区(15・8キロ)に起用された。監督会議後には3連覇を狙う旭化成など有力チームの監督、選手が記者会見し、意気込みを語った。レースは午前9時15分にスタート。全国6地区の予選を突破した37チームが、7区間100・0キロのコースで争う。【生野貴紀】

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文750文字)

あわせて読みたい

注目の特集