メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遭難者2人を救助 通報から6日後 北アルプスで富山県警

 富山県警上市署は31日、北アルプス池ノ平山(標高2561メートル)付近で遭難した男性2人を救助したと発表した。兵庫県宝塚市の無職、山崎洋介さん(51)と茨城県つくば市の国家公務員、増田文弥さん(25)で、23日に入山していた。山崎さんは両足の指に凍傷を負っているが、2人とも命に別条はないという。

 31日午前10時5分ごろ、富山県警のヘリコプターが、池ノ平山山頂から北に約200メートル離れた「大窓の頭」付近で、スノーマウント(かまくら)と2人を確認。県警山岳警備隊員が救助した。2人とも元気そうだったという。

 2人は同じ山岳会の所属で、剱岳(標高2999メートル)を目指して30日までの登山届を提出していた。25日に携帯電話から遭難したとの通報があり、天候が回復するまでスノーマウントで救助を待っていた。【鶴見泰寿】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  2. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 雑誌のハシゴ ブラックアウトが起きたら=荻原魚雷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです