メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一試合一試合、心こめて戦う…なでしこ高倉監督、W杯フランス大会に

サッカー女子W杯へ向け、目標を「頂」としたためて意気込む日本代表の高倉麻子監督=東京都文京区の日本サッカー協会で2018年12月17日午後2時52分、福田智沙撮影

 サッカー女子日本代表が6~7月のワールドカップ(W杯)フランス大会に臨む。日本代表の高倉麻子監督(50)は報道各社の取材に応じ、チームの状況やW杯への意気込みなどを語った。【福田智沙】

 ――チームの現状を。

 ◆2018年は4月のアジア・カップ、8月のアジア大会と、チームの完成度を見極めながらレベルアップしようとした。本当に選手がよく頑張ってくれた。両方のタイトルをとれたことは素晴らしいし、選手が少しずつ自信を持ってプレーできるようになっている。

 ただ、劣勢の中での勝利だった。それをよくとらえるか。世界一を目指すにはまだまだ足りないととらえるか…

この記事は有料記事です。

残り2870文字(全文3145文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです