メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一試合一試合、心こめて戦う…なでしこ高倉監督、W杯フランス大会に

サッカー女子W杯へ向け、目標を「頂」としたためて意気込む日本代表の高倉麻子監督=東京都文京区の日本サッカー協会で2018年12月17日午後2時52分、福田智沙撮影

 サッカー女子日本代表が6~7月のワールドカップ(W杯)フランス大会に臨む。日本代表の高倉麻子監督(50)は報道各社の取材に応じ、チームの状況やW杯への意気込みなどを語った。【福田智沙】

 ――チームの現状を。

 ◆2018年は4月のアジア・カップ、8月のアジア大会と、チームの完成度を見極めながらレベルアップしようとした。本当に選手がよく頑張ってくれた。両方のタイトルをとれたことは素晴らしいし、選手が少しずつ自信を持ってプレーできるようになっている。

 ただ、劣勢の中での勝利だった。それをよくとらえるか。世界一を目指すにはまだまだ足りないととらえるか…

この記事は有料記事です。

残り2870文字(全文3145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです