メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

米国倒す武器、増やす ソフトボール宇津木・代表監督

東京五輪での金メダル獲得を目指すソフトボール女子日本代表を率いる宇津木麗華監督=沖縄県読谷村の平和の森球場で2018年12月12日、細谷拓海撮影

 2020年東京五輪で3大会ぶりに実施されるソフトボールの宇津木麗華・日本代表監督(55)に、新年の抱負を聞いた。【構成・細谷拓海】

 昨年11~12月に約1カ月間行った日本代表の強化合宿では、選手たちに「もうカウントダウンに入ったよ」と繰り返した。代表監督に復帰してから2年。選手の目の色も変わってきたと感じている。

 この2年間、チームを作ってきた道のりは決して順調とは言えない。それでも、開幕まであと五百数十日ある…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1128文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです