メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力遺産

/1 新キネマの天地/上(その1) ブランド向上へ /茨城

 民間会社の調査で都道府県別魅力度が最下位に甘んじ続けるなど、地味な印象がぬぐえない茨城県。しかし、本当に魅力のない県なのか。知っているつもりで深くは知らなかった特色や、普段注目されないものの独自色豊かな生き方を実践する県人を取り上げ、読者に県の魅力を再発見してもらう。キーワードは「四つの『魅力』」。初回と2回目は、映画を通して県の魅力を掘り下げてみた。【太田圭介、加藤栄、宮田哲】

この記事は有料記事です。

残り943文字(全文1135文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです