メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成歌物語

東京の30年をたどる/1(その1) 時代表す言葉の力 作家・作詩家 なかにし礼さん /東京

世代超え響く「まつり」

 歌は世につれ、世は歌につれ--。「石狩挽歌」「北酒場」「AMBITIOUS JAPAN!」など数多くの作品を手がけてきた直木賞作家のなかにし礼さんは「歌には時代が表れる」という。平成バブルで始まったこの30年、東京もまたさまざまに歌われてきた。「大東京」「某東京」「ごめんね東京」……。その変遷をたどり、平成時代の東京を振り返った。【高橋昌紀、川村咲平】

 「『まつり』は『紅白』の大トリを5回も務めている。平成を代表する歌と認められたんじゃないかな」

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1498文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです