メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成歌物語

東京の30年をたどる/1(その2止) 東京の平成史と歌のあゆみ /東京

 元年 1989 都の新たなシンボルマークが現在の「緑のイチョウ」に(3月)

         足立区で女子高生コンクリート詰め殺人事件(同)

         *「川の流れのように」(美空ひばり)

 2    90 JR御徒町駅東北新幹線トンネル工事現場で陥没事故(1月)

         *「おどるポンポコリン」(B.B.クィーンズ)

 3    91 新宿新都庁舎が落成(3月)[5]

この記事は有料記事です。

残り1523文字(全文1714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです