メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古墳ラバーズ

百舌鳥・古市 世界遺産へ 歴史のロマンに思いはせ 古代人のタイムカプセル(その1) /大阪

保存運動のさきがけとなった「いたすけ古墳」。前方部と後円部の間に開発用の橋(右)が朽ちて残っている=堺市北区百舌鳥本町3丁で、矢追健介撮影

 堺・羽曳野・藤井寺の3市にある百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群。最近の古墳ブームに加え、今年は世界文化遺産に登録されるかどうかにも注目が集まります。これも文化財を守り、未来に向けて盛り上げようという人々の「古墳愛」があればこそ。地元の人々の思いやさまざまな物語に触れ、みなさんも古墳を愛してみませんか?【矢追健介】

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです