メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古墳ラバーズ

百舌鳥・古市 世界遺産へ 歴史のロマンに思いはせ 古代人のタイムカプセル(その2止) /大阪

古市古墳群=大阪府羽曳野市、藤井寺市

誉田御廟山 大陸との交流示す

 大型古墳の造営地は4世紀後半以降、奈良から大阪に移ります。その初期に造られた津堂城山古墳(208メートル)がある羽曳野、藤井寺市の古市古墳群は海への進出を思わせる古代史の舞台です。

 全長425メートルと日本第2位の誉田(こんだ)御廟(ごびょう)山(やま)古墳(羽曳野市)は、5世紀前半に造られました。1000年以上前から応神天皇の墓と認識されていたようで、同天皇を祭神とする誉田八幡宮の秋の大祭では古墳の後円部…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです