メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

虹架かる

豪雨からの復興/1 倉敷・真備(その1) ジャズ喫茶「ごじとま」 流せぬ一杯の絆 常連客ら再建後押し /岡山

仮営業を始めたテントで談笑する高本明英さん(左)や大川真澄さん(右から2人目)。コーヒーをたてる台も大川さんが作った=岡山県倉敷市真備町箭田で2018年12月12日、戸田紗友莉撮影

 復興の槌音(つちおと)が響く倉敷市真備町箭田(やた)の街角に、おしゃれなジャズの音色とコーヒーの香りが漂う。井原鉄道・吉備真備駅から北東500メートルほどの県道沿いにあるジャズ喫茶「ごじとま」。40年近くの歴史を誇る老舗だ。「被災直後は、また店をできるなんて考えられなかった」。店主の高本明英(はるひで)さん(65)はそう振り返る。

 一杯のコーヒーとの出会いが人生を決めた。京都に住んでいた大学1年の冬、友人に連れられて老舗喫茶店「…

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1123文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです