メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瀬戸内海

湾に潜む微細ゴミ探せ 広島国泰寺高・科学部 /広島

産業廃棄物の埋め立て計画もあったというファームスズキの塩田跡を利用した養殖池(手前)。水深が浅く、光をよく取り込むため植物プランクトンが生育しやすく、カキや車エビがすくすく育つ=広島県大崎上島町で本社ヘリから、久保玲撮影

 瀬戸内海は約2万2000平方キロメートルの面積を誇り、大小約700の島々が点在する変化に富む海だ。しかし、1960~70年代の高度経済成長期、工業化の進展で汚染が急速に進んだ。73年に瀬戸内海環境保全臨時措置法(のち恒久法に改正)が制定され、一定の水質改善は進んだものの、埋め立てを伴う沿岸部での開発、道路整備などで藻場・干潟が減り、希少な生物の生息にも影響を与えた。また、不法投棄、プラスチック製品の漂流・漂着による海ゴミの対策も大きな課題となっている。

 そんな現状を打破しようと、近年では、川や沿岸からの物質流入を抑える施策だけではなく、人の手を加える…

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです