メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

山口にレノファあり 地域個性まとめる力 元鹿島アントラーズ、周防大島町出身・岩政大樹さん /山口

 J1鹿島アントラーズの守備の要としてリーグ3連覇を経験し、現在はサッカー解説者などとして活動する岩政大樹さん(36)=周防大島町出身=にJクラブと地域の関わりや、レノファへの期待を聞いた。【聞き手・佐藤緑平】

 2016年のJ2開幕戦で、ファジアーノ岡山の選手としてレノファと対戦した。1-1の試合終了間際、僕のヘディングシュートがポストに阻まれ試合は引き分け。お互い勝ち点1が取れたので「これで良かったのかな」という感覚だった。

 10年間プレーした鹿島は、地域住民の生活にクラブが密着していることを感じた。サッカーはプレー中、いろんな心情の変化がある。だからこそ雰囲気が大事になり、サポーターの応援や地域の人の支えが勝敗に結実する。鹿島ではサポーターのいるゴール側に攻める後半はまさに、フィーバーの時間だった。ただ、結果が出ないと批判もされる。プレッシャーの中で選手たちも成長していた。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです