メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の挑戦者

四国で咲く 10年誕生・ひろめ市場 “おせっかい文化”でもう一杯 /高知

「高知のおせっかい文化がひろめの原動力です」とにこやかに語る大西直人社長(右)=高知市帯屋町2のひろめ市場で、郡悠介撮影

 高知の食文化や酒が楽しめる高知市の「平成浪漫商店街 ひろめ市場」。元々バブル崩壊で駐車場になっていた土地にオープンしたが、高知特有の“おせっかい文化”が活気を生み、昨年10月に20周年を迎えた。当初の不振を乗り越え、今や高知に欠かせない名物観光施設になっている。

 平成に入り、1990年代初頭にバブルがはじけるまでは、大手不動産会社がホテル建設を計画していた。しかし、その後は駐車場に。地元商店街振興組合と有力建設会社が中心市街地を活気づけようと協議し、98(平成10)年10月17日、…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブラジルの感染者、50万人超え 1カ月足らずで5倍 死者3万人に迫る

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 老舗漬物店「丸八やたら漬」廃業へ 5月末で 観光客の減少響く 山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです