メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の挑戦者

四国で咲く 10年誕生・ひろめ市場 “おせっかい文化”でもう一杯 /高知

「高知のおせっかい文化がひろめの原動力です」とにこやかに語る大西直人社長(右)=高知市帯屋町2のひろめ市場で、郡悠介撮影

 高知の食文化や酒が楽しめる高知市の「平成浪漫商店街 ひろめ市場」。元々バブル崩壊で駐車場になっていた土地にオープンしたが、高知特有の“おせっかい文化”が活気を生み、昨年10月に20周年を迎えた。当初の不振を乗り越え、今や高知に欠かせない名物観光施設になっている。

 平成に入り、1990年代初頭にバブルがはじけるまでは、大手不動産会社がホテル建設を計画していた。しかし、その後は駐車場に。地元商店街振興組合と有力建設会社が中心市街地を活気づけようと協議し、98(平成10)年10月17日、…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです