メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

作家、吉屋信子の句に…

 作家、吉屋信子(よしや・のぶこ)の句に「初(はつ)暦(ごよみ)知らぬ月日は美しく」がある。新年に初めて用いる暦が初暦である。並ぶ月日はまだ何の影も屈託(くったく)も宿さず、等しく輝いて見える。同じ作者に、この発想を暦売りに託した句もある▲「暦売知らぬ月日を抱へ持つ」。例年にましてこの句に共感するのは、今年のカレンダーでは新天皇が即位する5月からの新元号が空白のままだからだ。4~5月の10連休や10月22日の即位の礼の祝日も印刷できなかったものが多い▲4月末の天皇陛下の退位で平成が終わり、皇太子さまの新天皇即位により新しい元号で表される時代が始まる。平成の月日を振り返りつつ、次の時代に思いをめぐらす……今までの歴史には一度もないお正月を迎えた日本列島である▲30年前、冷戦終結にわいた世界は今、米中の覇権争いに揺らぎ、欧州も民主主義の危機にあえぐ。バブル崩壊からの長い混迷を経た日本は、少子高齢化の文明的な試練の中にある。2度の大震災など多くの災害の傷もいまだ癒えない▲次の何十年か、私たちは平和を守り、世界を今より少しでも良いものにできるだろうか。人口減少に応じた新たな文明を創り出し、社会の活力と品位を保てるのだろうか。後を継ぐ者に、良いもの、大切な価値を引き継げるだろうか▲いつものお正月よりも視線がちょっと遠くへと向かうのは、なにも改元のおかげというばかりでもなさそうだ。おりしも今、私たちが抱える課題がより広い文明的視野を必要としているからに違いない。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
    2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
    3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
    4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
    5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです