メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化 「あるべき日本人」離れて 日独の間で悩んだコラムニスト、サンドラ・ヘフェリンさん

エッセイストでタレントのサンドラ・ヘフェリンさん=東京都千代田区で2018年12月20日、玉城達郎撮影

 日本人の母、ドイツ人の父の元に生まれ、ドイツのミュンヘンで育った。平日はドイツ人しかいない地元校、土曜には日本人の子どもが学ぶ日本語補習校に通ったが「どちらにも属しにくい」との思いがあった。

 小学校低学年の一時期、千葉の公立学校に通い、からかいの対象となったが、ドイツでもアジア人蔑視を下敷きにした言葉を投げかけられた。思春期には疎外感から逃れたくてドイツ人に同化しようとし、日本への悪口に同調した「黒歴史」もある。でも、どんなに日本と距離を取ろうとしても結局切り離せなかった。

 20代で日本に来て、当然のように日本人として暮らすと思っていたがそうならなかった。内心がどんなに日…

この記事は有料記事です。

残り1321文字(全文1611文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  3. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  4. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  5. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです