メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東西冷戦

終結30年 揺れる国際秩序

冷戦終結と世界の主な出来事

 東西陣営を分断していた「壁」が崩壊し、冷戦が終結した1989年から30年。国際情勢は今、混乱期を迎えている。冷戦終結後に続いてきた米国主導の「一極体制」は、米国の国力低下と共に影響力を失った。「ポスト冷戦」後の世界は「多極体制」とも「ゼロ極体制」とも言われ、国際秩序のあり方が定まらないまま。そんな中、リベラル的価値観や国際協調に逆行する動きも広がっている。

 冷戦終結の端緒は89年6月、ポーランドで自由選挙が実施され、その後東欧初となる非共産政権が誕生した…

この記事は有料記事です。

残り2394文字(全文2624文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席観戦で厳戒態勢
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです