メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東西冷戦

終結30年 揺れる国際秩序

冷戦終結と世界の主な出来事

 東西陣営を分断していた「壁」が崩壊し、冷戦が終結した1989年から30年。国際情勢は今、混乱期を迎えている。冷戦終結後に続いてきた米国主導の「一極体制」は、米国の国力低下と共に影響力を失った。「ポスト冷戦」後の世界は「多極体制」とも「ゼロ極体制」とも言われ、国際秩序のあり方が定まらないまま。そんな中、リベラル的価値観や国際協調に逆行する動きも広がっている。

 冷戦終結の端緒は89年6月、ポーランドで自由選挙が実施され、その後東欧初となる非共産政権が誕生した…

この記事は有料記事です。

残り2394文字(全文2624文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです