メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019年・世界経済は

景気減速懸念高まる

各国の経済成長率見通しとリスク要因

 堅調な成長を続けてきた世界経済だが、2019年は中国経済の失速などによる減速懸念が高まりつつある。最大のリスク要因が米中の貿易戦争で、両国の交渉が不調に終われば、世界全体に大きな影響を及ぼす恐れがある。ほかにも、英国の欧州連合(EU)離脱などの問題を抱え、正念場の年になりそうだ。

 ◆米国

利上げ巡り神経戦

 最大の経済国として世界をけん引してきた米国では、2009年7月に始まった景気拡大が19年7月に戦後最長の10年間(1991年4月~2001年3月)を超える。市場では19年も拡大が続くとの見方が大勢だが、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げや、トランプ政権の政策停滞などの影響で景気が減速する懸念もくすぶる。

 国際通貨基金(IMF)の昨年10月時点の見通しでは、米国の18年の経済成長率は2・9%。失業率がほ…

この記事は有料記事です。

残り2649文字(全文3007文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです