メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019年・世界経済は

景気減速懸念高まる

各国の経済成長率見通しとリスク要因

 堅調な成長を続けてきた世界経済だが、2019年は中国経済の失速などによる減速懸念が高まりつつある。最大のリスク要因が米中の貿易戦争で、両国の交渉が不調に終われば、世界全体に大きな影響を及ぼす恐れがある。ほかにも、英国の欧州連合(EU)離脱などの問題を抱え、正念場の年になりそうだ。

 ◆米国

利上げ巡り神経戦

 最大の経済国として世界をけん引してきた米国では、2009年7月に始まった景気拡大が19年7月に戦後最長の10年間(1991年4月~2001年3月)を超える。市場では19年も拡大が続くとの見方が大勢だが、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げや、トランプ政権の政策停滞などの影響で景気が減速する懸念もくすぶる。

 国際通貨基金(IMF)の昨年10月時点の見通しでは、米国の18年の経済成長率は2・9%。失業率がほ…

この記事は有料記事です。

残り2649文字(全文3007文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. デートDV 経験10代女性の44% NPO広域調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです